職場トラブルゼロ実現のお手伝い

社会保険労務士Q&A

img
質問

社会保険労務士とはなんですか?

回答

労働・社会保険に関する法律、人事労務管理の専門家として、従業員の採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、人事労務管理等のご相談に応じています。

img
img
質問

具体的にはどんな仕事をするのですか?

回答

就業規則の作成・変更、労働時間・休日等の労働条件、賃金制度、人事関係、個別労働紛争の未然防止と円満解決など、人事労務管理のコンサルティングを行います。また、従業員の入社や退職、労働保険の年度更新や社会保険の算定など、労働・社会保険の手続や各種助成金の申請などを行います。

img
img
質問

社会保険労務士に業務を依頼するメリットは?

回答

労働・社会保険の手続や助成金の申請などを迅速かつ正確に処理することができます。また、労働問題に関して、会社では判断しにくいケースでも豊富な事例を基にアドバイスいたします。

img
img
質問

日常的な手続は会社でできるので、相談業務だけの依頼はできますか?

回答

お任せ下さい。弊所の「労務サポート」をご利用いただけば、役所には直接聞きにくいことでもしっかりフォローいたします。

img
img
質問

お願いできる地域は決まっていますか?

回答

弊所は、埼玉県、東京都を主なサービスエリアとした地域密着型事務所とさせていただいております。ただし、電話やメールでのご相談、電子申請による場合は、地域を限定しておりません。

img
img
質問

職場トラブルの相談も依頼できますか?

回答

お任せ下さい。弊所は職場トラブルに強い特定社会保険労務士事務所です。職場トラブルの未然防止はもちろん、万一の場合でも円満な解決のお手伝いを致します。

img
img
質問

特定社会保険労務士とは?

回答

特定社会保険労務士とは、司法制度改革の流れで導入された労働トラブルのADR代理権を持つ社会保険労務士のことです。

つまり、労働問題を専門とする社会保険労務士を指します。

ADRとは、裁判外での紛争解決手続きのことです。

img
img
質問

特定社会保険労務士の役割は?

回答

労働関係のトラブルが発生した場合でも、当事者間での話し合いによる解決がベストだと考えられています。

もし、当事者間での調整がつかない場合は、裁判などでの解決も可能ですが、そうなるとお金も時間もかかってしまいます。

忙しい業務の合間を縫って裁判所に行くのも手間ですし、裁判での決着となると、外部に公表されてしまいます。

しかし、特定社会保険労務士が代理人となりとADRでの解決できれば、裁判でのデメリットが解消されます。

 このように、労使トラブルを円満に解決することが特定社会保険労務士の役割の一つといえます。

img
img

ページのトップへ